盛り合わせ刺身4種〜5種入りを2〜3パック
野菜
しいたけ---------4〜6ヶ
ながねぎ ---------2本
はくさい---------1/4
葛きり---------1/2
昆布ダシ汁 ---------1ヶ
つけ汁
ポン酢
胡麻タレ
 

1. 盛り合わせ刺身をパックから取り出し大皿に盛ります。
 この時刺身の下に敷かれているカツラ(大根)やオゴのり(ウゴ)
の使える部分は水洗いして水切りして利用します。
2. 野菜類は、適宜に切り分けておきます。
3. 葛切りは熱湯に晒し柔らかくしておく。
4. しゃぶ鍋または土鍋に水とかつおダシ、ダシ昆布を入れ(塩分類は入れない)
湯が沸騰する直前に昆布を取り出し湯は沸騰させておく。
5. 各々で具を入れながら食べますが、刺身用魚介類ですからあまり熱を
通し過ぎないようにするのがポイント。
6. つけるタレはポン酢や、胡麻ダレでいいでしょう。

※このしゃぶしゃぶは、魚介類が素材のため、やや味が淡泊に感じられます。
そこで海老の頭などでダシをとったものを使うと一段と旨味が出ます。
 特に甘海老の頭をお勧めします。魚屋さんに頼むと呉れます。
※ヒラメなどの中骨を魚屋から貰い、狐色に焼いてダシとして使うのも旨いものです。
※ウニも熱を通すと刺身と違う甘味が出ます。
※食べ終わった残りのツユで作る雑炊は格別の旨さがあります。
※カツラ、ウゴは生のままポン酢で食べると意外と美味しいものです。
*鍋料理のダシは、昆布ダシが主流であるのは大きな理由があります。

 まず、昆布はグルタミン酸、魚類・肉類はイノシン酸であり、これが混ざって旨味が一段と増します。